サプリメントで腸内環境をキレイにする|健康と美肌への道

笑顔のウーマン

人間は細菌を育てている

栄養補助食品

腸内の良い環境にするには

人間は良い意味でも悪い意味でも腸内に細菌を育てています。良い菌が増えていれば健康や美容に大きく貢献しますが、悪い菌ならば病気の元凶となるからです。もちろん、良い菌ばかりの腸内環境にすることが大切です。そこで重要となるポイントが2つあります。それは良い菌(主に乳酸菌)を食べ物として摂取することです。そして、腸内に届いた良い菌を育てることにあります。良い菌とは納豆や漬物やヨーグルトのような発酵食品に含まれており、良い菌を育てるためには食物繊維が欠かせません。そのため、発酵食品と食物繊維の2つが腸内環境の改善には不可欠な要素となるわけです。積極的に摂取することで感染症にも負けない強い体にすることができます。

大便の匂いが特徴

ただし、胃カメラなどを使わないかぎり腸内を確認することは難しいです。腸内環境を改善する努力をしていても、なかなか実感できないでいる人は少なくありません。しかし、腸内環境を知るバロメーターがあります。それは大便です。大便には腸内の通ってきているため、腸内環境が色濃く残っています。特に分かりやすいのが匂いです。少し酸っぱい匂いがするのが良い大便、すなわち良い腸内環境と言われています。キムチやヨーグルトは発酵しすぎると酸味が出てきます。それは良い菌(乳酸菌)が増殖して乳酸を出しているからです。それと同じことが体内でも起こっているわけです。逆に大便が臭いと腸内環境も悪い証となります。臭いと感じたときは、改善するよう努めることが大切です。